ホーム > 健康 > 血糖値を下げる効果

血糖値を下げる効果

糖尿病に悩んでいる方は、たくさんいると思います。

糖尿病とは、膵臓の働きが弱りインスリンの分泌が低下して、血管を収縮させることで起きます。

インスリンの分泌が減って糖質の分解機能が低下すると、血糖値が上がるのです。

糖尿病は、視力障害や脳梗塞などの合併症の原因とされているので、特に注意を払わなくてははいけません。

そこで、血糖値を下げる効果を持った成分、「タウリン」を摂取することををお勧めします。「タウリン」は、膵臓の中にある、インスリンの主成分「アミノエチルスルホン酸」というものです。「タウリン」には、「ホメオスタシス」という、体や細胞が何らかのダメージを受けた時に正常な状態に復元し様さする、自然治癒力を高める機能を持っています。「タウリン」には、膵臓を守る働きが強いのですが、糖尿病の防御にも高い効果があります。

「タウリン」は、魚介、特にカキなどの貝類や軟体動物に多く含まれています。糖尿にお悩みの人は、このような食材を多く摂ってみてはいかがでしょうか。

福辻式の糖尿病改善ストレッチとは?